1. トップ
  2. 周辺観光

周辺観光

  • 【海水浴場】

    • ヤ・シィパーク

      シーカヤック、アクセスティンギーなどを使って、海と触れ合う体験をしてみませんか。

      環境省の「快水浴場百選」にも選ばれた、清らかな水辺が美しい海水浴場。バリアフリーで、車いすでも砂浜に乗り入れられます。(車で5分)
      ●ホテルより送迎も承ります。※繁忙期を除く(要予約)
  • 【観光施設】

    • 香南市サイクリングターミナルしおや宿

      2人乗りをはじめ、多彩なレンタサイクルがいっぱい。カップルもご家族も素敵なサイクリングはここから始まります。
      レンタサイクルの他、テニスコートも有り。
    • 高知城

      高知城・天守や懐徳館(本丸御殿)、追手門以下15棟の建造物が国の重要文化財に指定される。
      天守は、高さ18.5mの3層6階、屋根入母屋造り本瓦葺きの望楼型で、山内一豊によって1603年(慶長8年)に築城されたが、城下町の大火で一度消失。その後、1749年(寛延2年)に再建され、当時の息吹を今に伝えている。
    • 日曜市

      江戸時代から300年続く街路市。高知城の追手門からはりまや町の電車通りにかけて約1kmにわたる追手筋で、毎日曜日に開かれる街路市。約500の店が並び、野菜・果物・花・植木・日用雑貨など盛りだくさんの物産を市民に提供している。

    • 桂浜

      高知県を代表する景勝地の一つ。浦戸湾口、龍頭[りゅうず]岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸で、背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のように調和する見事な景勝地。古来より月の名所として有名。
      東端の龍頭岬では、幕末の志士坂本龍馬の銅像が太平洋を見下ろしている。海浜一帯は「桂浜公園」となっており、水族館や、山手には「坂本龍馬記念館」もある。


    • 牧野植物園

      高知県出身の植物学者・牧野富太郎博士の業績を顕彰するため、1958年に高知市五台山に開園しました。約6haの園内では、西南日本の植物や博士ゆかりの植物など、四季折々3000種が楽しめます。珍しい熱帯植物があるジャングルさながらの温室や、博士の業績や魅力を紹介した展示も必見。園内を散築した後は、緑に囲まれたレストランやカフェで和みのひとときを。

    • 西島園芸団地

      トロピカルナーセリーのハウスに一歩入ればブーゲンビレアをはじめ熱帯の花が咲き誇り、季節によっては実をつけています。花に囲まれ、スイカやメロン、フルーツをたっぷり使ったパンケーキなどをお召し上がり下さい。棚での栽培によるイチゴ狩りで食べ放題や特別な栽培方法による高糖度でコクのあるフルーツトマトの摘み取り販売も大人気です。


    • アンパンマンミュージアム

      平成8年7月開館。香北町出身の漫画家やなせたかし氏の記念館。アンパンマンの絵本原画やタブローを展示した4階「やなせたかしギャラリー」をはじめ、アンパンマンの住む世界をジオラマで再現した地階「アンパンマンワールド」等がある。

    • 龍河洞

      日本の代表的観光鍾乳洞で、幻想的で神秘的な世界を体感できる。
      洞内出口付近に弥生時代の穴居生活の跡があり、特に石灰華に包まれた弥生式土器は世界的にも珍しい。
      また、最近開放中の冒険コースは狭い道を這って進んだり、丸木の梯子を登ったり等、真っ暗闇への体験ができる。(事前予約要)
    • のいち動物公園

      温帯の森、熱帯の森、アフリカオーストラリアゾーン、ジャングルミュージアムで構成された園内には、約110種類、1,000点の動物たちがのどかに暮らしています。キリン・レッサーパンダ・ペンギンなどの人気動物のほか、存在感いっぱいのユニークな鳥ハシビロコウやとてもかわいいミナミコアリクイなど、見所満載です。


    • 絵金蔵

      幕末土佐で活躍した絵師・金蔵、通称「絵金」の資料館。香南市赤岡町に伝わる絵金の芝居絵屏風23点を中心に収蔵・展示している。夏祭りの夜の雰囲気を再現した展示室や、壁の穴から実物の芝居絵屏風を覗き見できるしかけなど、ユニークな展示方法で絵金と土佐の芝居絵屏風を飾る祭礼文化を紹介する。


    • 北川村「モネの庭」マルモッタン

      印象派の巨匠クロード・モネがフランスのジヴェルニーにおいて自ら絵を描くために造った庭を高知の自然の中に再現。約3万平方メートルの敷地に約10万本の草花が植栽され、四季折々の美しい景観を楽しむことができる。毎年6月下旬から10月下旬ごろまでモネが夢見た青い睡蓮を愛でることができる。


    • 室戸世界ジオパーク

      室戸市全域を範囲とする室戸ジオパークは、世界トップクラスとも言われる地質遺産はもちろん、多様な生態系それらを保護、活用してきた室戸の歴史や文化など、地球をまるごと楽しめる「大地の公園」です。
      約1億年前の白亜紀から悠久の時を経て現在もダイナミックに変化を遂げる地球の動きを実感し、大地の恵みである海山の幸に舌づつみを打ち、空海ゆかりのスポットや白壁の連なる趣深い街並みを巡る旅に出発してみませんか。


    • 室戸ドルフィンセンター

      室戸岬新港内にある「ドルフィンセンター」では、エサをイルカに与えたり、サインを出してイルカとコミュニケーションする「トレーナー体験」などの人気のプログラムがいろいろあり、究極はイルカと一緒に泳ぐことができる「ドルフィンスイム」などがある。

  • 【四国八十八箇所】

    • 第28番札所大日寺

      聖武天皇の勅願により行基が本尊の大日如来を刻み開創、その後弘法大師が本尊の縁日28日にちなみ、第28番札所に定めたといわれている。江戸時代には土佐藩の祈願所として栄えたが、明治の廃仏毀釈により廃寺となり、明治17年(1884)に再興した。
  • 【ゴルフ場】

    • Kochi黒潮カントリークラブ

      カシオワールドオープンゴルフトーナメントが毎年11月に開催されている。1981 年以来続く伝統あるゴルフトーナメントに国内外のトッププレーヤーが争う。

      全36ホール。日本ゴルフツアー機構公認コース。
      広大なフェアウェイを有するが、戦略性は高いコース。
      広いフェアウェイとテーングランドからピンフラッグが見えないホールはない。

      海辺の果樹園より 車で 約 10 分
    • 土佐カントリークラブ

      女子プロゴルフトーナメントのヨコハマタイヤゴルフトーナメント、PRGR(プロギア)レディスカップが開催されている。

      全36ホール。足摺岬、室戸岬を一望する丘陵地にあり、比較的フラット。太平洋に向かっての豪快な打ち下ろしや、戦略的な打ち上げ、谷越え、ドックレッグと変化のあるプレーが楽しめる。

      海辺の果樹園より 車で 約 5 分